MENU

富士産業がLPガスを
おすすめする理由

①火力が強くすぐに暖かい

プロパンガスの一番のメリットは、都市ガスと比べて「発熱量が大きい」ことです。都市ガスと比較すると約2.2倍。都市ガスが1m3あたり46MJ(約11,000kcal)であるのに対し、プロパンガスは1m3あたり99MJ(約24,000kcal)です。
そのため強い火力が必要な飲食店ではプロパンガスが主流なのです。寒さが厳しい冬の暖房や、衣類乾燥機などでも、プロパンガスがみなさまのくらしのサポートに最適です。

②災害時の復旧が早く、非常時にも活躍する

昨今の災害時の状況を見ても都市ガスの復旧には相応の時間がかかります。
それに比べて、プロパンガスは地震や台風など災害時復旧が早いのが特徴です。プロパンガスは家庭ごとの個別供給となっているので、個別にガスボンベやガスの配管、ガス器具などの安全性が確認できればすぐにガスを使用することができます。

MEMO 戸建て住宅の場合は、通常は予備のガスボンベが設置されており、ガスボンベの配送ができないような状況になっても、予備のガスボンベで1ヶ月前後のガス使用が可能です。
さらに、災害時や非常時に高火力の熱源としての用途だけでなく、電気を供給する設備も商品化されていますので、いざという時に様々な形で役立てることができます。

③導入コストがリーズナブル

都市ガス導入の際には、地中の主配管・導管から自宅までの引き込工事が必要です。この費用は戸建住宅で10万円~30万円前後かかると言われています。その点、ボンベを設置するプロパンガスなら初期費用を大幅に抑えることができます。暖かい暮らしを創造するだけでなく、経済的にもやさしいプロパンガスです。

トップ