MENU

地震のときには?

普段ガスの使用量を計っている「マイコンメーター」は、震度5相当以上の地震を感知するとガスの供給を自動で停止します。
大きな地震が起きてもマイコンメーターがガスを自動で止めますので、火を消すよりまず身の安全を確保(倒れやすい家具やガラス窓を避けて机やテーブルの下に逃げる、出口を確保する等)して下さい。

揺れがおさまったら、使用中だったコンロや給湯器のスイッチを切り、元栓を閉めておいて下さい。
地震がおさまり、ガス漏れなどの異常がなければ、以下の手順でマイコンメーターを復帰させることができます。

  • 1

    ガスの元栓を閉める

    すべてのガス器具の使用を中止し、ガスの元栓を閉めて下さい。

  • 2

    復帰ボタンを押す

    マイコンメーターの左側にある復帰ボタンを奥までしっかり押して下さい。
    業務用メーターなどの場合、防水キャップの中にボタンが隠してある場合もあります(写真)。
    その場合はキャップを回し外してボタンを押したのち、元に戻してください。

  • 3

    2分ほど待機

    ボタンを離すと液晶または赤ランプが点滅します。
    その間、マイコンメーターが安全の確認をしていますので、そのまま2分ほどお待ち下さい。

  • 4

    ガスの利用が可能に

    点滅が消えると安全確認が終了しています。ガスが使えることを確認してください。

  • 5

    ガスが復帰しない場合は

    上記の作業を行って頂いてもガスが復帰しない場合、どこか配管に異常がある可能性がありますので、最寄りの営業所までご連絡下さい。

お近くの営業所へご連絡

営業所一覧を見る

トップ